純正パーツを流用した強化ブレーキキット

ブレーキパッドやローターを社外品に変えるだけでも手軽に制動力を手に入れる事は出来ますが、ある程度のレベルまでしか制動力を引き上げることは出来ません。

更に上のストッピングパワーを・・・と次のステップを考えた際に、物理的にローターやキャリパーを大きくする必要がありとても高額なセットアップになってしまいます。

ブレーキパッドやローターにだけ頼って制動力を出そうとすると、パッドやローターにより負担がかかるため消耗が早くなり頻繁に交換する事になりかねません。

そこで純正パーツを流用して「強化ブレーキキット」を作る事にしました、中古パーツをOHして流用したりアフターパーツメーカーの他車種をものを使ってコストダウンをしております。

物理的にストッピングパワーを引き上げることでパッドやローターにかかる負担を減らし、更にブレーキシステム全体の底上げする事になるのでコントロール幅も広がります。

サーキット走行などの高負荷運転ではブレーキがとても大切です、ブレーキはオーバースペックでも「大は小を兼ねる」のでぜひブレーキのグレードアップに注目して下さい。


SMuSH Brake system 施工例


ZC33S スイフトスポーツ デモカー 17インチホイール仕様

S15シルビアターボ用住友4ポッドキャリパーを流用し、280φ→320φ大口径ローターと組み合わせました。

ワンオフで専用キャリパーブラケットを製作し、DIXCELローターとパッドを採用しました。

RRPブレーキホースに特注バンジョーボルトで接続し、純正のブレーキタッチを保ったまま強烈なストッピングパワーを手に入れました。


OH済み S15ターボ 住友キャリパーキット 35,000円


キャリパーブラケット  15,000円


DIXCELプレーンローター(Z34用) 20,000円


バンジョーボルト 3,600円


DIXCEL ESパッド 8,000円


RRPブレーキホース1台分 25,000円


NUTECブレーキフルード 6,800円


取り付け費用一式 15,000円


合計 128,400円(税別) ※参考概算費用になります。